IR,カジノニュース

【大阪】万博前のIR全面開業を断念

カジノ、IR、ニュース、casino、IR、news

大阪のIRは万博前の全面開業を断念!

読売新聞によりますと、大阪府・市は2025年の万博開催までの IR 全面開業を目指していましたが、IR事業者が工期の短さに難色を示した為、一部開業を目指すとしました。

このIR事業者は以下の通りとなっています。

①MGMリゾーツインターナショナル(アメリカ)+オリックス
②ギャラクシー・エンターテインメント(香港)
③ゲンティン・シンガポール(シンガポール

いずれの事業者も万博前の全面開業に強い懸念を示された為、大阪府・市はIRの一部オープンを目指すことに方針転換をしました。

政府が出したIR基本方針案では、IR施設の最低基準を満たすことができれば、一部開業は可能ということなので、IR事業者と協議を進めていくとしています。

今後、大阪府・市は工期の調整や万博開催中の工事の進め方等を協議していくとしています。

オンラインでカジノディーラーに!

講義料金はどこのカジノスクールよりも安い!
登録は無料!今すぐカジノディーラーになってみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)