IR,カジノニュース

【横浜】IRについての第1回目市民説明会を実施!

カジノ、IR、ニュース、casino、IR、news

横浜市はIRについての市民説明会を実施

12月4日、横浜市はIRについて第1回目となる市民説明会を実施しました!

横浜市では市長に対するリコールの署名活動やカジノ反対運動が活発に行われているIR誘致都市であり、今後の行方が気になる所ではありましたが、横浜市長が登壇する市民説明会を実施に踏み切りました。

2019年度内に市内の18区にてIR説明会を実施予定であり、その第1回目となります。

参加者は定数の約2倍の950人の申し込みがありましたが、区民優先の抽選となり、今回は約400人弱の参加となりました。

登壇者は横浜市長の他にも、副市長や都市整備局長などの横浜市の実質的なトップが集まりました。

市長の発言は主に以下の3点になります。

①日本型のIRについて適切な説明を行い、市民の理解を得たいこと
②IR誘致について住民投票は考えておらず、手続きを進めていくこと
③横浜港運協会については、丁寧に説明を行い、理解を得る努力をする

具体的には、横浜市がインバウンドの宿泊数が全国と比べて伸び率が低いこと、またIRの具体的な姿についてはシンガポールのマリーナベイサンズとセントーサを例に挙げました。

横浜市民の声は

これに対し市民は、カジノなしの施設を求めましたが、横浜市側は『観光客が繰り返し訪れるコンテンツ(カジノ)がないことやカジノなしでは運営ができない』と反論しました。

さらに市民からは、『一方的な説明すぎる。なぜ市民と直接話をしないのか』と猛反発するなど、一時騒然としました。

このような場面もありましたが、市民説明会の終了時には拍手が起こりました。

横浜市側は引き続き市民説明会を実施し、市民の理解を得たいとしています。

横浜市HP -IR市民説明会について-

オンラインでカジノディーラーに!

講義料金はどこのカジノスクールよりも安い!
登録は無料!今すぐカジノディーラーになってみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)