IR,カジノニュース

【韓国】外国人専用のカジノを運営する2社が2週間のカジノ休場を発表

カジノ、IR、ニュース、casino、IR、news

韓国のパラダイス社とGKL(Grand Korea Leisure)社が、4/6迄新型コロナウイルスの対策としてカジノを一時休場すること発表しました。

休場するのはカジノのみであり、ホテルなどは通常営業をするとのことです。

韓国には現在17か所のカジノがありますが、16か所が外国人専用、1か所が韓国人も利用可能なKangwon Landとなっています。

Kangwon Landはカジノの周りが骨董品店などがたくさん密集する、ギャンブル依存症の問題が特に深刻化している所で有名ですね。

パラダイス社とGKL社が運営するカジノは2月度は業績が好調でしたが、3月に入り新型コロナウイルスの影響が表面化し、また日本からの渡航制限の影響から今回の件に踏み切った形となります。

世界中のカジノが閉鎖する中、韓国のカジノも休場することになりました。
新型コロナウイルスの影響はますます広がってきています。
この情勢が落ち着くのは一体いつになるのでしょうか・・・。

オンラインでカジノディーラーに!

講義料金はどこのカジノスクールよりも安い!
登録は無料!今すぐカジノディーラーになってみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)