IR,カジノニュース

【横浜】市民のギャンブル依存症疑いの割合はたった0.5%?!

カジノ、IR、ニュース、casino、IR、news

横浜市は4/10にギャンブル依存症に対する「横浜市民に対する娯楽と生活習慣に関する調査」を公表しました。

結論を先に申し上げますと、過去1年におけるギャンブル経験を元に『ギャンブル依存症が疑われる人の割合は成人の0.5%』との結果がでました。

そして、最もよくお金を使ったギャンブルは『パチンコ・パチスロ』でした。

この調査方法は以下の通りです。

調査対象:横浜市内の満18歳以上74歳の男女無作為抽出3,000人
抽出対象:市内208地点の住民基本台帳から無作為に抽出
調査方法:面接調査
調査期間:令和元年12月~令和2年3月
回答数:1,263人(回収率42.1%
※横浜市ホームページより

この調査結果に対し、IR誘致を反対する方の意見としては、回答率が低いことと正確性に欠けるなどと反発しています。

また結果的には0.5%とかなり低い水準になりましたが、ギャンブル依存症の耐性がある訳ではないことやIR誘致のプラス要素になる訳ではないと意見が挙がっています。

詳細は以下の横浜市のホームページからご覧ください。

横浜市民に対する娯楽と生活習慣に関する調査について

オンラインでカジノディーラーに!

講義料金はどこのカジノスクールよりも安い!
登録は無料!今すぐカジノディーラーになってみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)