IR,カジノニュース

【ラスベガス】営業再開後はポーカーテーブルを最大4人に制限するなど規制がかかる

カジノ、IR、ニュース、casino、IR、news

ラスベガスのカジノを管理するネバダゲーミングコントロールボードではカジノが再営業を開始した際のポリシーを発表しました。そのポリシーは以下の通りです。

【ゲームテーブルの席の制限】
①ポーカー&ルーレット→4人まで
②クラップス→6人まで
③ブラックジャック→3人まで

このような人数制限が課せられることになります。
またこれに伴ってポーカートーナメントにも影響が発生する為、しばらくは開催が見送られる予定となっています。

さらにはカジノの再営業にも条件が課せられています。

①再開後は50%の容量のみ
②ソーシャルディスタンスと建物内に衛生上の標識設置
③休憩時間中、従業員は手洗いとマスクを装着

新型コロナウイルスによって現在ラスベガスのほぼ全てのカジノが閉鎖されていますが、少しづつ再開に向けて動き出しています。

制限はかかりますが、少しづつでも元通りになるといいですね!

オンラインでカジノディーラーに!

講義料金はどこのカジノスクールよりも安い!
登録は無料!今すぐカジノディーラーになってみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)