IR,カジノニュース

ラスベガス・サンズが日本IRから撤退!!

カジノ、IR、ニュース、casino、IR、news
ディラー
ディラー
大ニュース!大ニュース!
カジノン
カジノン
一体何事?!

ラスベガスサンズが日本カジノから撤退表明!

ラスベガスサンズが日本IRから撤退を表明しました。

ラスベガスサンズは2005年頃から日本での事業を狙っていましたが、日本政府が示したIR整備法に不満を持つ経営陣が難色を示していました。

CEOのシェルドン・アデルソン氏はこの様に述べています。
『30年以上前から日本の文化が好きで、観光地としてのチャンス、そして開発のチャンスを伺っていました。しかしIR開発に関わる枠組みによって、弊社の目標は達成できなくなった。』と述べており、今後はこの注力を他の機会に集中させるとしています。

このIR開発の枠組みとして大きな弊害となったのが、ライセンス期間の短さです。
日本では『10年』と比較的短く、ラスベガスサンズがマカオとシンガポールで展開するカジノは『20年・30年』と長くなっています。

更にIR建設に5年かかると仮定したところ、約100億ドル(約1兆700億円)の投資を用意していましたが、この投資額に対するリターンをライセンス期間の10年では不十分ででした。

このような要因が結果的にラスベガス・サンズが日本IRから撤退することになりました。

横浜IRはどうなる?

横浜IRではこれまで6社が参入に表明していました。その6社とは以下の通りです。

・ラスベガス・サンズ(撤退表明)
・ウィン・リゾーツ(大阪を撤退し横浜を一本化)
・ギャラクシー・エンターテインメント
・メルコリゾーツ&エンターテインメント
・ゲンティン・シンガポール
・セガサミー

今回ラスベガス・サンズが撤退したことにより、5社となりました

ウィンリゾーツが横浜を一本化すると表明していますが、最有力なのは一体どこになるのでしょうか。

まだまだ横浜IRについては新型コロナウイルスの影響もあり、動きが止まっています。
ラスベガス・サンズの撤退により他のIR事業者の動きが今後気になる所です。

出典:Bloomberg

オンラインでカジノディーラーに!

講義料金はどこのカジノスクールよりも安い!
登録は無料!今すぐカジノディーラーになってみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)