海外クルーズ船編

海外クルーズ船にクルーとして乗ってわかった衝撃的な事実~その1~

クルーズ、スタープリンセス、カジノ、cruise、star、princess、casino

皆さんおはようございます、こんにちは、こんばんは!
オーシャンです!

中々更新ができず、申し訳ありません。。。
諸事情によりなかなかPCをwifiに繋げることができない環境にいたので更新できませんでした!

とにかく今回は 『海外クルーズ船にクルーとして乗ってわかったこと〜その1〜』を紹介したいと思います!

こんな経験ができる日本人はそうはいないと思いますので、是非じっくり読んで頂いて、 『ふぅ〜ん』や 『まじか!』みたいなご感想をちょっとでも持って頂ければ幸いです☆

まずは時系列から追って紹介していきましょう!

渡米編

①飛行機内では

渡米に関してですが、航空券は会社が負担してくれました。

私は関西出身なので、まずは関空から羽田へ(JAL)、そして羽田からロサンゼルスまで(アメリカン航空)行きました!

日本の国内線はエコノミーだったんですが、羽田からロスまでは 『プレミアムエコノミー』でした!
プレミアムエコノミーはビジネスの一歩手前のランクで、席の幅が広くて前の座席の間隔も結構広めでした!
しかもその時は後ろの座席がエコノミーとの境界だったので、壁になっており、リクライニングを倒し放題でとても快適でした☆

アメニティも豊富で心地よかったです!

アメリカン航空、プレミアム、エコノミー

枕にブランケット、スリッパとヘッドフォン(エコノミーにあるイヤホンじゃないですよ!)やアメニティポーチがありました!
その中身はこちらです☆

 

アメリカン航空、プレミアム、エコノミー

左から、アイマスク・耳栓・ハンドクリーム・リップクリーム・歯ブラシ・靴下がありました!これで睡眠時にもゆったり寝ることができます!靴下は寝る時用にも使えるのでそのまま持って帰りましたよ~笑

機内食もなかなか種類が豊富で良かったですよ!

アメリカン航空、プレミアム、エコノミー

エコノミーよりかはちょっとおしゃれなお皿にちょっと豪華なお食事でした!飲み物も種類が豊富でなかなかよかったです!

ですが・・・これが 『飴と鞭』なのかと思いつつアメリカに向かっていましたし、海外で働くのは初めてだったので緊張していましたので、全然寝れませんでした・・・。

次来るときはぐっすり寝ることができるはずです!

②アメリカ上陸!

ロサンゼルスに着くや否や、ホテルに直行しました。特にすぐホテルに行きなさいとは指示はありませんでしたが、疲れてましたし、空港見学をする気は来る前までは思ってましたが、断念し、ホテルに向かいました。

空港からシャトルバスで10分ぐらいの所のホテルでした。

ロサンゼルス、ホテル

こんな感じの普通のホテルです。

お客さんはあまり泊まっていなくて、ほぼクルー用に使用されるホテルのようでした。
フロントもよく要領がわかっているらしく、名前を伝えてサインするだけでカードキーが渡されるスムーズな手続きでした☆

昼食と夕食の無料バウチャーをもらい、部屋に向かうもどうやら2人部屋のようで、早速ここからホテルのルームシェアが始まりました。ルームメイトも私と同じく初めて海外客船に乗るらしく、ピザのシェフをするそうです。

まぁそんなことはさておき、いよいよ明日か〜と思いつつ、船に乗るとwifiが使えなくなってしまうので、ホテルのwifiを最大限に活用してました(笑)やるべきことはして、連絡しないといけない人にはして、準備万端!

いよいよ明日からスタート迎えます!

ディラ
ディラ
いよいと乗船!緊張する~

海外豪華客船初日編

ホテルから客船に行くまでは、3台の大型バスで一斉に向かいました。それぐらいホテルにクルーが泊まっていたのか!と思うほどでした。あ〜wifiが〜と嘆きつつ、港へ直行です。

港へ着くとまぁ〜見たことのない巨大な客船が停泊していました。

クルーズ、スタープリンセス、カジノ

(こちらの画像は後日メキシコで撮ったものです)

日本籍最大の船よりもう一回りぐらい大きな船だったのでびっくりしました!

まずは倉庫のような所に入り、必要な持参書類の確認と、誓約書などの記入をしました。

クルーズ、スタープリンセス、カジノ

こんな感じの所です。完全に港の倉庫のよう所ですよね。
しっかりと空港のセキュリティのようなものを受けてます!

ちなみにこの時点でパスポートを提出したのですが、手元には保管できず、クルー専用のオフィスに保管されています。手元に保管できるようにすると、船外に出た時に逃亡できちゃいますからね(笑)

乗船するや否や、セキュリティID用に写真を撮り、そこからは各配属先に散らばっていく感じでした。
スーパーバイザーがやってきて、せっかちなのか、じっくり挨拶もできず、自分の客室へ案内されました。

客船って乗ってみるとわかるんですけど、本当に 『迷路』です!
この記事を書いている時は実は1週間経ってるんですが、ようやく船の構造や道がわかってきた所です。
それでも今でも時々迷ったりします(笑)

客室へ案内された後は、スーツケースを置いて、すぐに安全教育が始まりました。
非常時やセキュリティに関することなどを説明され、その後にはすぐにお客さんを交えての避難訓練です。
そこまで本気でする訓練ではなかったですが、お客さんをある箇所に分けて集めて、脱出を想定するという訓練です。

自分でも船を把握ができていないのに務まるのかは謎です(笑)避難訓練が終わり、今日はここまでかな?と思ったのは束の間・・・

初日からがっつり仕事!!

6時間程でしたが、いきなり仕事とは思わなかったです。

ちなみに船の中のカジノはそこまでは大きくはないのですが、日本籍最大の船である飛鳥Ⅱよりかは広かったです。ピットが2つあって、基本的には1つしかオープンしないのですが、お客さんが増えてくるお昼過ぎと、夕食後の20時頃にはピットをどちらもオープンしています。

私が乗っている船には、ブラックジャック、FUN21、3カードポーカー、レットイットライド、ルーレット、クラップス、バカラがありました。バカラは基本的にはオープンしませんが、アジア圏のお客さんが希望した時のみオープンしています。

またテキサスホールデムのテーブルもありますが、電子式でディーラーはいませんでした・・・。日本のゲーセンとかで置いたら面白そうだとは思います(笑)

カジノ、casino

船内のカジノの写真を撮りたいのですが、お客さんがいる空間なので、制服でいなければならず、スマホでパシャパシャと撮るわけにはいかないのでイメージ画像で^^;

でもクルーズ船のカジノもこんな感じです!!テーブルを囲うようにスロットが配置されています。

①仕事編

私の仕事は 『スロットアテンダント』としてカジノで働くことです。

スロットマシーンは約150台程あって、テーブルゲームを囲うようにして設置されています。スロットがうまく反応しなかったり、ちょっとした故障であれば直したりしますし、ゲストサービスも兼ねているので初めてプレイする人のサポートやジャックポットが当たった時の対応など色々多岐に渡ります。

私にとっては何かも初めてで、船の構造とかもさえ全くわかってないのに、カジノで働くのもどういうものかもわからないので、頭の中は常に混乱していました。

さらには英語だけの世界なので、理解するのにも一苦労です。

さらには、意外とアメリカ人が船員として働いていませんフィリピン人が多い印象はありますが、世界中からアメリカにきて船員として働いています。ちなみに私の直属の上司は、ジンバブエ出身とフィリピン出身でした。

本当に多国籍で色んなアクセントや、イギリス英語・アメリカ英語とかでてんやわんやです(笑)
今でさえ聞き慣れてきましたが、初日なんて 『何言ってんだこいつら』状態でした。

海外で働くってやっぱり大変だなぁ〜って実感しています!

揺れますか?

『揺れます!』

大型の豪華客船だからと言って舐めてかかるとまずいです。
そらまぁ漁船に比べると全然ましですが、それでもちょっとは揺れます。

船の玄関である中央部分はそこまで揺れませんが、船員の部屋は先端などにあるので、まぁまぁ揺れます(笑)寝ている時もしっかり揺れているので、ほんとに波の上で浮き輪に乗ってぷかぷかしている時の感じです。ゆ〜っくり沈んで、ゆ〜っくりあがる感じですね。これが永遠と続きます。
なので基本的に船が動いている時は爆睡できません。停泊している時に私はがっつり寝ます。

ちなみに私は子ども時代に船と観光バスに乗る時だけ酔ってすぐ吐いていたレベルです。大型客船だと大丈夫と思ってはいましたが、ちょっときついですね・・。

ただ、それも10日間も同じような環境にいれ慣れます!大丈夫です!

今では特に気にしてはいません。揺れる日は 『お〜今日は結構揺れるな〜』と思うぐらいです。天気みたいなもんですね(笑)とまぁ最初の10日間ぐらいは船酔いとの闘いです。

それを少しでも軽減しようとネットでいいものを買っておいたのが幸いしました!

それこそ 『シーバンド(Sea Band)』です!

これさえ両手首に付けれいれば船酔いはかなり軽減されます。私は寝る時も仕事する時もずっと付けていました。外すと船酔いがひどくなるので片時もつけていました。お客さんで乗る時も船員として乗る時もシーバンドはとてもおススメですよ!

船室内は?

生活する船室ですが、基本的には2人1組の相部屋です。それでいて同じ配備の人と一緒に生活します。

スーパーバイザーやマネージャーレベルになると1人1部屋が与えられるそうです。
また結婚している人は同じ部屋にしてくれます。一緒に仕事しながら生活もできちゃうのは嬉しいですね!

船室内は2人部屋ですが結構狭いです。

クルーズ、スタープリンセス、カジノ

入り口を開けてすぐの所で撮った写真になります。
これだけのスペースしかありません!

2段ベッドと机が1つ、そしてクローゼットが2つと洗面台とシャワーがセットになっています。

クルーズ、スタープリンセス、カジノ

よくある格安ホテルみたいなイメージをして頂くといいのかもしれません(笑)
ちなみに船が結構揺れる日はシャワーする時もトイレする時も踏ん張っておかないとバランスを崩します^^;

初めの内は 『狭っ!』と思っていましたが慣れました(笑)

共同生活も留学中に一度は経験したことがあるので慣れていたのでそこまで苦ではありませんでした。
住めば都っていうやつですね!

何事にも慣れが必要です。

続く!

今回は記事が長くなったので、船内での生活やその他諸々全て公開したいと思います!
もちろんお給料も公開しちゃいますよ!

続きのその2は以下のリンクからどうぞ!☆

クルーズ、スタープリンセス、カジノ、cruise、star、princess、casino
海外クルーズ船にクルーとして乗ってわかった衝撃的な事実~その2~陸上の仕事では絶対に味わうことのできないクルーズ船でのクルーライフ!食事は食べ放題?!プールやジャグジーまで?!他にもあっと驚く習慣まで紹介!...
オンラインでカジノディーラーに!

講義料金はどこのカジノスクールよりも安い!
登録は無料!今すぐカジノディーラーになってみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)