ディーリングの基礎技術

バーンカードについて ブラックジャックとバカラで要領が違う!

バーンカード、burn card

今回はバーンカード(Burn Card)について紹介します。

バーンカードは日本語に直訳すると’カードを燃やす‘となりますが、本当にカードを燃やしてはいけません(笑)

このバーンカードという所作の目的としては、デッキの一番上のカードは不正の対象となりやすい為、使わないようにすることになります。

一般的に、このバーンカードを行う時は主に2つあります。

①シャッフル終了後、カードシューに格納した後
②ディーラー交代時

そして、バーンカードの動作はゲームによって異なります。

今回はブラックジャックとバカラのバーンカードについて解説していきます。

ブラックジャック

ブラックジャックのバーンカードはものすごく単純で簡単です。

①まずカードシューから左手で1枚だけカードを取って、テーブルの中央に伏せたまま置きます。

バーンカード、burn card

②その後右手で、伏せたままディスカードラックに収納します。

いずれの時もお客様にカードが見えてはいけません。

たったこれだけです!簡単ですね^^

バーンカード、burn card

バカラ

バカラはブラックジャックと比べると少し複雑です。複雑っていう程でもないですが。。

①まずブラックジャックと同様に左手でカードシューから1枚とり、右手で表向きでテーブル中央に置きます。

バーンカード、burn card

②表向きにでたカードの数字を見て、その数字の枚数分を伏せたまま綺麗に並べます。なので表向きのカードが『8』だった場合は8枚を伏せて並べます。

※絵札は『10』として数えます

バーンカード、burn card

③表向きにしていたカードを裏返して、そのカードが一番底になるように、カードシューから出した順番に回収します

回収順は以下の画像の通りになります。この時にお客様に見えてしまう恐れがあるので慎重に!

バーンカード、burn card

これでバカラのバーンカードの所作は終了です。

おわりに

バーンカードは簡単ですが、最初はついつい忘れがちです。バーンカードにもちゃんと意味はありますので、忘れずにこなしましょう!

いつも通り動画を作成しましたので、ご覧下さい!

※これらの所作はカジノのハウスルールによって異なる場合があります。当ブログはその一例をご紹介しております。

オンラインでカジノディーラーに!

講義料金はどこのカジノスクールよりも安い!
登録は無料!今すぐカジノディーラーになってみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)