ブラックジャック

【ブラックジャック】シュー・ゲームでのカットカードの取り扱いについて

カットカード、cut card、ブラックジャック

ブラックジャックの『カットカードの取り扱い』を紹介します!

ちなみにカットカードとはデッキの底に置き、他のプレイヤーから見えなくしたり、シャッフルのタイミングを知らせるプラスチックのカードのことです。さらには不正防止シャッフルを完結させる役割を担う、大事な作業になります。

カットカードカットカード

尚、カットカードの取り扱いについてはゲームによって異なります。
今回はブラックジャックでのカットカードの取り扱いについて手順に沿って説明していきます!ちなみにカードシューを用いた、シューゲームでの取り扱い方法です。

(1)デッキの準備をする

①全てのシャッフルが終わったデッキをカードの底がディーラー側になるように寝かせます。

②寝かせたデッキの上にカットカードを乗せて、片手でしっかり持ちます。

カットカード、ブラックジャック

尚、これからの全ての作業で手をクロスさせてはいけません。これは不正防止の為ですので、必ず守りましょう!

(2)カットカードのデッキへの挿入~1回目~

カットカードをデッキへ挿入しますが、1回目はプレイヤーに挿入してもらいます。
原則プレイヤーが順番担当をしますが、誰もしたくない場合はディーラー自身が行う場合がありますので、しっかり覚えましょう。

①カットカードをデッキの上に乗せた状態のまま、プレイヤー側に持っていき、カットカードの挿入を依頼します。この時あまり前に出しすぎると他のプレイヤーから見られる可能性があるので、インシュアランスラインぐらいまでにしましょう。またプレイヤーにとっては不正が行われる一番のチャンスでもあるので絶対にデッキとカットカードから目を離してはなりません

②プレイヤーがカットカードを挿入します。この時デッキ全体の前後1デッキに満たない所では受け付けてはいけません。カットの動作がやりづらく、不正を招きかねません。

カード、ブラックジャック

(3)カードカットをする

①カットカードが挿入されたデッキを、ディーラー自身の中央手間へ持って来ます。

②挿入されたカードの位置からデッキを2分割し、前後を入れ替えます。

カード、ブラックジャック

③入れ替えたら、デッキの底ではない方のカットカードを取り出します。

この時もカードがプレイヤーに見られないように細心の注意を払ってください。
1枚でもカードが見えてしまうともう一度全てリシャッフルです。

(4)カットカードのデッキへの挿入~2回目~

ブラックジャックではデッキの底から約4分の1の所へ、カットカードを再挿入します。

カード、ブラックジャック
ちなみにバカラではここで少し要領が異なりますが、また別途紹介します。

(5)デッキをカードシューへ格納する

①デッキを整頓します。整頓する時はカードシューの側面を使うと整頓しやすいです。またカードシューのローラーを取り出しておきます。

②カードシューへデッキを格納しますが、この時に右側の側面を少し手前側に斜めになるようにずらすと格納しやすくなります。

カード、ブラックジャック

③カードシューに格納したら、デッキを一番奥まで押し込みます。その後、ローラーをデッキの最後尾に入れます。

カード、ブラックジャック

これでカットカードの取り扱いについては以上です。
プレイヤーが不正を招きやすい所ですし、1枚でもカードが見えてしまうとリシャッフルになってしまう為、細心の注意が必要です。手順が多いですので、しっかりと練習して覚えましょう!

例の通り動画を作成しましたので、ご覧下さい。

※これらの所作はカジノのハウスルールによって異なる場合があります。当ブログはその一例をご紹介しております。

お次はバーンカードについてです!

バーンカード、burn card
バーンカードについて ブラックジャックとバカラで要領が違う!バーンカードについてご存知でしょうか?バーン(燃やす)カードではありません(笑)ブラックジャックとバカラで方法が少し違ってきますので解説します!...
オンラインでカジノディーラーに!

講義料金はどこのカジノスクールよりも安い!
登録は無料!今すぐカジノディーラーになってみませんか?

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)