MENU
オススメ情報

【カジノディーラーがすすめる】自宅でできる練習グッズを紹介!

カジノ、ディーラー、練習、グッズ、道具、トランプ、カード、チップ、トレー、ボタン、オールイン、スペーサー、ディスカード、ラック、カット、レイアウト
オーシャン
オーシャン
ディーリングの練習を自宅でしたいんだけど何かいいグッズないかな?
カジノン
カジノン
それならいいグッズがあるから紹介していくね!

当記事はこんな方にオススメです!

You①
You①
ディーリングの練習を自宅でするためのオススメグッズは?
You②
You②
できるだけ安くて本格的がいい!

せっかくカジノスクールでディーリングを勉強したのはいいけど、自宅で練習したい!ということはありませんか?

通学中は自由にカジノスクールに出向いて練習できる環境はあるものの、交通費がかかるコロナ感染のリスクが高まるのは嫌ですよね。

そんな時は自宅でディーリングの練習!でもグッズがないから困る・・・

そんなあなたに現役カジノディーラーがオススメするグッズを紹介します!

カード(トランプ)

カジノディーラーに必要不可欠とも言って過言ではないカードです!

カジノで使用されるカードは基本的には紙製で、『ポーカーサイズ』と呼ばれる少し横幅が大きめのサイズです。

ポーカーではプレイヤーがカードを折り曲げることがあるので、プラスチック製で、『ブリッジサイズ』という横幅がポーカーサイズより小さめの物が使われます。

オーシャン
オーシャン
ポーカーではポーカーサイズは使われないんだ?!ややこしい・・・

ブラックジャック・バカラなど⇒紙製・ポーカーサイズ

ポーカー⇒プラスチック製・ブリッジサイズ

バイシクルカード

まずは『紙製』のカードのオススメはこちらです!

実際に私も使っているカードで、日本ではおそらく一番知名度があるカードだと思います!

このバイシクルのカードはエンボス加工がされているので、コーティング感があってとても滑らかな触り心地です!

エンボス加工とは?⇒凹凸感を出すための加工です

100円均一で売っているようなぺらぺらの紙ではなく、1枚1枚コーティング感があるので上品な感じさえ受けます。

初めて触った時は、その滑らかさにびっくりしました!

実際にディーリングの練習に使用しても全く問題なく練習できますよ♪

お次はこちらのカードです!

Beeカード

created by Rinker
マツイゲーミングマシン(Matsui Gaming Machine)

この『Bee』というカードは実際のカジノで使用されているカードです!

なぜ実際に使用されているのかと言うと、『カードの柄』が理由です。

バイシクルのカードの裏面は絵が描かれており、ふちが白くなっています。

それに対し、Beeのカードの裏はふちまで柄になっています。

その為少しずらしたとしても表裏がはっきりわかる為、イカサマがしにくい柄です。

イカサマがしにくい為、実際のカジノで使用されるほどの信用があるカードです!

ちなみにこちらもエンボス加工されているので、非常に扱いやすいです♪

カジノン
カジノン
少し高いけど、本物にこだわるならBee!

コパッグカード

ポーカーで使用されるプラスチック製のカードのオススメは『コパッグカード』です!

コパッグカードはラスベガスで行われているポーカーの最高峰WSOP(World Series of Poker)』の公式カードとして使用されています!

それ程の信頼性があるカードとなっています。

もちろんプラスチック製で、折ってもなかなか折り目がつきにくい柔軟性としなやかさを兼ね備えています。

正にポーカーと言えばこのカードと言うべき物です!

オーシャン
オーシャン
ポーカー用にカードを買うならこれ一択!

カードシュー

カジノ、ディーラー、練習、グッズ、道具、トランプ、カード、チップ、トレー、ボタン、オールイン、スペーサー、ディスカード、ラック、カット、レイアウト

カードシューはカードを取り出すもので、ディーリングには欠かせないアイテムです!

カードシューは『何デック』入るかが一つのポイントになります。

安い物だと4デック入るものが主流ですが、実際のカジノでは4デッキ入るシューはまずありません。

基本的には6デック以上となるので、こだわりがある方は6デックを買っておきましょう!

ちなみに価格は6デックだと約2,000円以上で、4デックなら約1,200円ですがちゃっちいです。

レイアウト

ディーリングは最悪机の上でもできなくはないですが、カードが滑ったり、回収しにくい点があります。

やはりフェルト生地のような上でするのがベストです!

レイアウトはサイズや生地に種類がありますが、生地に関してはやはりフェルト生地がオススメです。

生地がゴム製だと、カードの回収うまくいかないことがあります。

フェルト生地だとスイスイとカード回収ができるのでフェルト生地が良いですよ!

サイズに関しては『90cm×180cm』がオススメです!

私は『60cm×120cm』のレイアウトを買ったことがありますが、小さすぎて全然ディーリングしている感が出ないです!

買ってみるとわかります、買うだけ損だなと思いました。

ということで私からのオススメはこちらです!

買う時のポイントをまとめておきました!

①生地は⇒フェルト生地!

②サイズ⇒『90cm×180cm』!

チップ

チップはもちろんディーリングには必要不可欠なグッズです!

カジノディーラーにとって、チップの扱いこそ最も慣れなければならないと言っても過言ではないほど重要です。

買うべきチップですが、実はチップにも材質が色々あります。

プラスチックやクレイ、セラミックなど様々ですが、初心者ならプラスチック製で十分です。

他の材質は本場のカジノで使用される材質ですが、こだわりがないならプラスチック製でも問題なく練習できます。

お値段が最も安くて、プラスチック製なのがこちらのチップです!

私はこのシリーズを合計360枚持っていますが、特に問題なく練習できています!

持った感じは軽くて、程よく滑るので扱いやすいです!

チップトレー

カジノ、ディーラー、練習、グッズ、道具、トランプ、カード、チップ、トレー、ボタン、オールイン、スペーサー、ディスカード、ラック、カット、レイアウト

チップを購入したら、チップを保管する場所が必要ですよね!

本番さながらにディーリングの練習をするなら、それなりの物を買いそろえるといいですよ!

私が実際に使っているのはこちらです!

プラスチック製で、テーブルにはめこむと本物感がでます!

それに値段が意外と安くて約1,000円です!

カジノン
カジノン
練習には本番感を出すのも大事!

スペーサー

カジノ、ディーラー、練習、グッズ、道具、トランプ、カード、チップ、トレー、ボタン、オールイン、スペーサー、ディスカード、ラック、カット、レイアウト

スペーサーとはチップ20枚と20枚の間に入れる透明の物です。

チップを数えやすくする為の物ですね。

練習には必須とまでは行きませんが、実際のカジノでは使用されるものです。

スペーサーには扱い方が決まっていてディーリングの一部になるので、買っておいて損はありません。

オーシャン
オーシャン
私は本物感を出したいので買っちゃいました!

ディスカードラック

カジノ、ディーラー、練習、グッズ、道具、トランプ、カード、チップ、トレー、ボタン、オールイン、スペーサー、ディスカード、ラック、カット、レイアウト

ディスカードラックとは、ディーリングが終わったカードを保管するラックです。

最近のカジノではシャッフルマシーンが使われており、使用されたカードは即座にシャッフルマシーンに戻されることが多いです。

しかしながら、まだまだディスカードラックは現役で使用されています!

立派なディーリングで使用される物品ですので、持っておきたい物ですね!

カットカード

カジノ、ディーラー、練習、グッズ、道具、トランプ、カード、チップ、トレー、ボタン、オールイン、スペーサー、ディスカード、ラック、カット、レイアウト

カットカードとはデッキの一番底に入れることで、カードを見えなくする大切な役割を持つ物です。

ポーカーでは必ずといって目にするグッズですね!

ブラックジャックやバカラなどでも必ず使用されるので、ディーリング練習には必須です!

カジノン
カジノン
好きな色を使いましょう!

ディーラーボタン

カジノ、ディーラー、練習、グッズ、道具、トランプ、カード、チップ、トレー、ボタン、オールイン、スペーサー、ディスカード、ラック、カット、レイアウト

ポーカーでは絶対必要なグッズ『ディーラーボタン』です!

ポーカーのディーリング練習では1セットごとに、ディーラーボタンを順番に移動させなければなりません。

練習初めのうちはついつい忘れがちなので、注意が必要です!

ディーラーボタンはポーカーディーリングの練習では必要不可欠なので、ぜひ買って練習しましょう!

オールインボタン

カジノ、ディーラー、練習、グッズ、道具、トランプ、カード、チップ、トレー、ボタン、オールイン、スペーサー、ディスカード、ラック、カット、レイアウト

オールインボタンとは、ポーカーでプレイヤーが「オールイン」を宣言した時に、そのプレイヤーがオールインしたことを示すためのボタンです。

実際のポーカーでも使用されています!

ディーリングでもオールインボタンを使いますので、こちらも買っておいて損はありませんよ!

カジノテーブル

マーチンゲール、カジノ、オンライン、稼ぐ、検証

お店で設置されているような本格カジノテーブルを揃えたいのは、だれしも思うことです。

一旦こちらの商品をご覧ください。

折り畳み式なので幅を取らずに保管できますし、練習には十分なクオリティです!

カジノン
カジノン
値段が高い・・・

そうなのです!練習するにしてもお値段が厳しいですよね。

まぁテーブルを買って大人数でがやがや遊ぶ!ってかたには買う価値はあると思います!

私の場合はお財布事情が厳しいので『DIY』で作ってしまいました!

お値段は約1万円でできたので、満足しています。

もし自作したいという方はこちらの記事をご覧ください!

DIY、カジノ、テーブル、自作
【格安で作れる】カジノテーブルをDIYで作ってみた!自作で簡単!カジノテーブルを自作してみませんか?本物のテーブルは約40万円ほどかかりますが、DIYで作るとたったの〇〇円・・・?!作成方法を全て公開!...

まとめ

いかがでしょうか?

ディーリングを練習するには意外と色々なグッズが必要でしたね。

ディーリングをうまくなるのも、実際の環境を整えるのが一番です!

まずはグッズを買って、思う存分練習してみましょう!

オーシャン
オーシャン
グッズがあればあるほど緊張感が増していい感じ!