ディーリング

【ブラックジャックディーリング②】シャッフルの手順を解説!

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule、カットカード、cut card
オーシャン
オーシャン
テーブルオープンの次はシャッフルだけどどうやってやるの?
カジノン
カジノン
テーブルオープンはしっかりできたかな?じゃあシャッフルの方法を紹介していこう!

当記事はこんな方にオススメです!

You①
You①
ブラックジャックのディーリングを知りたい!
You②
You②
シャッフル方法を知りたい!

前回の『テーブルオープン』に続いて今回は『シャッフル』について解説していきます!

まだテーブルオープンの記事をご覧になってないかたは是非下の記事からどうぞ!

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、オープン、blackjack、dealing、table、open
【ブラックジャックディーリング①】テーブルオープンの手順を解説! 当記事はこんな方にオススメです! あなたはブラックジャックのディーリングをやってみたい!カジノ...

今回のシャッフル方法についても私が海外豪華客船内の本物のカジノで学んだディーリングをベースにしています。

世界レベルで通用しますのでご安心くださいね。まぁそれだけシャッフルの手順だったり複雑さは増しますが・・・その点も画像などをたっぷり使って解説していきます。

カジノン
カジノン
それでは早速いきましょう!

ブラックジャックのシャッフル手順

①準備するもの&コール

まずは前回記事のテーブルオープンが終わった状態からそのままシャッフルに入る手順です。

準備されるべきことは以下の3つです。

①ディスカードラックに全てのカードが入っている状態

②パドル前にカットカードを2枚配置

③スーパーバイザーに『Shaffule!(シャッフル)』と、コールをする。

①と②はこちらの画像を見るのが早いです!

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

①ディスカードラックに全てのカードが入っている状態というのは前回のテーブルオープン手順の最後の状態ですので特に気にする必要はありません。

一応テーブル上に取りこぼしがないか確認はしておきましょう。

②パドル前にカットカードを2枚配置ですが、読んで字のごとくですね。

ちなみにカットカードのとはデッキの底に入れることで他のプレイヤーから見えなくし、シャッフルのタイミングを知らせるものです。

③スーパーバイザーに『Shaffule!(シャッフル)』と、コールをする。についてですが、これはディスカードラックからカードを取り出す前に行います。

またスーパーバイザーがコールしたことに気づいてなくても基本的にはそのままシャッフルを開始してもOKですが、できるだけ早く通知するようにしましょう。

カジノン
カジノン
ここまで来たらいよいよシャッフル開始です!

②シャッフル開始!(1段階目)

まずはディスカードラックの全てのカードを目の前に出します。

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

慎重にしないとぶちまけることがあるので注意しましょう。結構指の力が必要です。

全てのカードを出したら2分割にします

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

2分割後はそれぞれのデッキから足して1デッキの半分ずつぐらいのカードを取ってリフルを1回だけ行います。

リフルの仕方はこちらの記事をご覧ください。

リフル、シャッフル、riffle,shuffle、方法、手順
【図と動画で説明】リフルシャッフルの方法を解説!シャッフル技術の一つである『リフルシャッフル』を紹介します!ディーリングの基礎中の基礎ですが、大事な所ですのでしっかりマスターしましょう!...
ただし!リフルは途中までします!
オーシャン
オーシャン
えっ?!どういうこと?
カジノン
カジノン
この画像を見てね!
ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

完全に1つに合体させずにその1歩手前でとめておきます。カードが重なり合った状態が見えればOKです!

これを繰り返していくとこんな感じになります。

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

この状態まで持っていったら、『Shuffle check!(シャッフルチェック!)』とコールして、スーパーバイザーのOKをもらいましょう。

テーブルリミットが低いテーブルだとスーパーバイザーのOKがすぐにもらえずとも次の段階に行ってもよいのですが、ハイリミットやプレイヤーがすでに高額チップを賭ける準備がわかっている時はスタンバイがかかることがあります。
まぁこれはカジノによりけりなので参考までに。

③シャッフル2段階目

スーパーバイザーのシャッフルチェックでOKをもらったら2段階目に入ります。

まずはデッキを2分割してこのように置きましょう。

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

①と②のデッキから1デッキ分の半分を取ってリフルを1回します。こうすることで1デッキ分の枚数を作ります。

リフルを1回したらそのデッキを半分にして左手で③の所に置きましょう。
その時右手はその半分のデッキを保持してしてます。

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

次に右手に残ったデッキと②から1デッキの半分を合わせてリフルを1回します。
そしてまたリフルしたデッキを半分にしたものを④におき、残った半分は左手で保持します。

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

そしてそして、左手に残った半分のデッキと①から1デッキの半分を取ってリフルします。
リフルしたデッキの半分を③の上に積み重ねていきます。

オーシャン
オーシャン
ん・・・?これって繰り返されてる?!
カジノン
カジノン
その通り!ずーっとこれを繰り返していくと・・・
ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

③と④だけが残ります!
ちなみに最後にリフルしたデッキは半分にせずにそのまま③の上に積み重ねてOKです!
間違っても③と④に半分ずつにして乗せないようにしましょう。

最後に④のデッキを③の上に積み重ねればシャッフル完了です!

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule

④カットカード

シャッフルを終えたら『カットカード』を行います。このカットカードもシャッフルの一環となっていますのでしっかりマスターしましょう!

カードが見えないようにデッキを手前に倒し、その上にカットカード(1枚)を乗せてプレイヤーにカットカードを差し込むように依頼しましょう。

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule、カットカード、cut card

この時に注意なのが・・・

デッキ出すのはインシュアランスラインまで!(不正防止)

あまり前に突き出しすぎるとプレイヤーに底のカードが見られてしまう恐れがある為です。
また不正行為が行われる可能性があるため、デッキから目を離さないようにしておきましょう!

ちなみにカットカードを差し込んでもらう場所にも決まりがあります!

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule、カットカード、cut card

上の画像の通り『両端から1デッキ以内』の所に差し込まなければなりません。
矢印の間ってことですね。

ちなみに基本的にはプレイヤーにカットカードを差し込んでもらいますが、プレイヤーがこれを拒否した場合はスーパーバイザーを呼んでスーパーバイザーにやってもらいます。

オーシャン
オーシャン
カットカードを差し込んだ後は??
ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule、カットカード、cut card

カットカードが底になるように入れ替えます!
これでカードの底がカットカードで隠れるようになります。

最後に残った1枚のカットカードをこのように差し込みます!

ブラックジャック、ディーリング、テーブル、シャッフル、blackjack、dealing、shaffule、カットカード、cut card

はい、『底から2デッキ以上』の所に差し込みます。
画像では6デッキですが、8デッキだと半分の半分で2デッキになるので目安にしてください。

ちなみに2回目に入れたカットカードの所までカードを使ったらシャッフルの合図となるので頭の片隅に置いといてくださいね。

さて2枚目のカットカードをデッキに差し込んだらカードシューに収納します。

収納したら最後にバーンカードをして完了です!

カジノン
カジノン
お疲れ様でした!
※バーンカード→1枚カードシューから取り出してディスカードラックに入れるだけ!

詳しくはこちらの記事を!

バーンカード、burn、card、ブラックジャック、バカラ、方法、手順
【図と動画で解説】バーンカードの方法を解説!ブラックジャックとバカラで要領が違う!バーンカードについてご存知でしょうか?バーン(燃やす)カードではありません(笑)ブラックジャックとバカラで方法が少し違ってきますので解説します!...

番外編:ゲーム後のシャッフル

ディーリングをしている内にカットカードまで来た場合のシャッフルを番外編として紹介します。

①カットカードを引いたらパドルの前に置いておく。(ゲームが進行中の場合はそのまま継続)

②カードシューからカードを取り出す前に『Shuffle!』とコールする。

③スーパーバイザーの応答を待つが、なくてもそのまま継続してOK。ただしできるだけ早く伝えること。

④カードを全てディスカードラックに移しシャッフル(2段階目)へ!

このような動作となります!

特に難しいことはないですし、することは繰り返しになるのですぐ覚えれるかと思います!

まとめ

ブラックジャックのシャッフル手順はいかがでしょうか?

テーブルオープンからシャッフルまでがゲームスタートの流れになっていますが、なかなか道のりは長いですよね。

ただ一度でも覚えてしまうと、意外と早く作業ができます。

どんなことも最初は大変ですが、慣れてしまえばこっちのものです!

さて、次はお待ちかね?のブラックジャックのディーリングを紹介していきます!

①テーブルオープン

②シャッフル

③基本的なディーリング←Next!!!

④チップの支払いなど

⑤その他注意事項

ABOUT ME
オーシャン
✅日本カジノスクール卒業 | 国内でプロ活動実績 | 海外豪華クルーズ船内カジノにて勤務経験 | カジノブロガーとして今に至る | ツイッターフォロワー約1200人